有効な対策方法

著作権侵害への対策としてどのような方法があるのかを紹介しましょう。まず、その動画サイトの規約として著作権を侵害してはいけないと注意喚起がされているケースがあります。どのような利用の仕方をしてしまうと著作権侵害となってしまうのかを丁寧に説明しているケースもあるのです。これは一定の効果があり、そもそも著作権について理解していなかった人は、そのような権利があることを知ることによって、著作権を尊重しようとするでしょう。

動画サイトのシステムとして簡単にダウンロードできないような仕組みが施されていることも多いです。動画のダウンロードが自由にできず、普通の人はただ視聴することしかできないようになっているのです。これならば、動画をダウンロードされてそれを違法に利用されてしまうことを防げるでしょう。これも著作権侵害対策の一つの方法といえるものです。

著作権保護のためのプロテクトが動画に施されていることもあります。これはいわゆるDRMと呼ばれる技術であり、これを採用することによって違法に動画が利用されるのを防げるのです。許可された人しかその動画をまともに視聴できなくするのです。これならば不正コピーされたとしても、許可のない人が動画を視聴することが不可能になります。